無痛分娩に関連したニュース

妊婦に遠い“無痛”分娩 国内実施2.6% (2011年1月15日) 【中日新聞】

背景に医師不足や痛み美化

 お産の痛みを麻酔で和らげる“無痛分娩(ぶんべん)”と呼ばれる出産法の普及が進まない。出産の6割とされる米国をはじめ欧米では一般的だが、日本は2.6%と極端に少ないことが厚生労働省の初の調査で判明。背景には、医師不足や「痛みに耐えてこそ」という根強い意識もありそうだ。

 「痛みが軽く、余裕を持って産めました」

 昨年11月2日、埼玉県川越市の埼玉医大総合医療センター。茂呂仁子さん(34)は出産直後とは思えない元気な様子だ。前回は陣痛中に意識を失ってしまい、出産の瞬間を覚えていない。激痛への恐怖もあって無痛分娩を選んだという。

 無痛分娩は、痛みを脳に伝える脊髄(せきずい)のすぐ近くにある「硬膜外腔」に、細いチューブで麻酔薬を注入する硬膜外無痛分娩という方法が一般的。感覚は鈍るが体は動かせるので、赤ちゃんを押し出す「いきみ」はできる。痛みによる血圧上昇も避けられるため高血圧や心臓病がある妊婦に向くという。

 田中ウィメンズクリニック(東京)の田中康弘院長は「お産の痛みは体を切られるレベルに近い。懲りて産みたくなくなる人もおり、無痛分娩は少子化対策になるかもしれない」と話す。

 だが、厚労省研究班が昨年まとめた初の調査では、全国1176施設が2007年に手掛けた出産計約40万件のうち、無痛分娩は1万件強(2.6%)にとどまった。調査した埼玉医大総合医療センターの照井克生准教授は「無痛分娩の要望は増える傾向にあるが、安全に実施できる麻酔科医や産科医が不足している。産科医が技術を学ぶ機会はほとんどないし、麻酔科医にとっても少ない」と要因を分析する。

 実施にはリスクもある。低血圧や頭痛などの副作用が起きることがあるほか、出産時間が長引くケースがある。緊急対応が可能な医療機関で、技術に習熟した医師による管理が欠かせない。費用面でも通常の出産より高くなる。

 一方「おなかを痛めた方が愛情がわく」という考え方も強く、「とがめられそうで」夫の親に言い出せなかった女性もいる。

 生活コラムニスト、ももせいづみさんは「妊婦が1つの選択肢として、メリット、デメリットを考えた上で選べるようになればいい」と話している。
聖隷浜松病院 無痛分娩を本格導入 7月から
2012年3月22日(金)8時21分配信


 浜松市中区の聖隷浜松病院は7月から、無痛分娩(ぶんべん)を本格導入する。多様化した妊産婦のニーズに応える目的と、同病院は昨年12月に医療の質と安全において国際標準を満たすことを示す米国・国際医療機能評価機関(JCI)の認証を取得したことから、医療のグローバル化にも対応しようと本格実施を決めた。

 同病院ではこれまで、妊娠高血圧症などを患うハイリスクの妊産婦に対し無痛分娩を行ってきたが、全ての希望者に対応できるよう、24時間365日体制を整える。チーム医療を行うメンバーは産婦人科医のほか麻酔科医、助産師、薬剤師ら15人で構成する。

 このほど、地域の開業医や助産師らを交えて病診連携のための情報交換会を開いた。松下充産科主任医長や入駒慎吾麻酔科医長らが、同病院で実施する「硬膜外麻酔」の手法や流れ、分娩への影響などを説明した。出席した開業医からは手間や人的負担を懸念する声が上がったが、村越毅周産期科部長は、多くの研修医を受け入れるティーチングホスピタルとしての役割も踏まえ、導入の意義を強調した。

 同病院は総合周産期母子医療センターで、年間分娩件数は約1500件。無痛分娩とは局所麻酔で出産時の痛みを和らげる方法。同病院産婦人科の中山理部長によると、日本での全分娩における割合は2・8%程度と高くないが、米国やフランスなどでは5割を超えるという。

静岡新聞社
スポンサードリンク