無痛分娩とは

無痛分娩,陣痛,痛み,不安一般的に無痛分娩と呼ばれているのは「硬膜外無痛分娩」または「脊椎麻酔(脊髄くも膜下麻酔)」のことです。「硬膜外無痛分娩」は、陣痛が始まったら背骨の中を通る硬膜外腔(背中から腰の脊髄の近く)にカテーテルと呼ばれる細くて柔らかいチューブを入れて、そこから麻酔薬を少量ずつ注入することにより出産時の痛みを和らげる方法です。

ちなみに和痛分娩という表現もありますが、無痛分娩和痛分娩という表現の境界線は非常にあいまいです。どちらの方法も”分娩時の痛みを和らげる”という点では同じですし、そもそも痛みの感じ方も個人差が大きいものです。一般的にはまったく痛みがなくなるのではなく、自分でいきむことができる程度に麻酔を調整するやり方を和痛分娩と呼んでいるようです。気になる方は各医療機関にて詳しく聞いてみましょう。

麻酔薬を注射する事によって腰から下の感覚がにぶくなりますが、お母さんの意識がなくなることはありませんので、足を動かしたりすることもできます。また、分娩に関して言えば、赤ちゃんの下降していく感じや子宮の収縮も感じることができるので、一般的な経膣分娩と同様に子宮の収縮のタイミングを合わせて、ゆっくりいきみながら分娩をすすめることになります。ですから出産時に赤ちゃんと対面のチャンスを逃すこともありません。

また、全身麻酔とは異なり、「硬膜外無痛分娩」は局所麻酔、つまり下半身だけへの痛み止めですので、赤ちゃんへの麻酔薬による影響はとても少ないと言われています。カテーテルを通しての麻酔薬の注入は赤ちゃんが生まれるまで続けますので、途中で麻酔がきれてしまうことはありません。しかし、痛みの感じ方は個々それぞれで違いますので一概には言えませんが、殆どの場合わずかではありますが痛みは感じるようです。特に出産間近になると生理痛程度の痛みを感じる場合があるようです。また、麻酔の効き方にも個人差があるということを認識しておいた方がいいでしょう。

このように無痛分娩では出産時の痛みを軽減し、リラックスして、お産をすることが出来ます。このため、子宮頚管(子宮の出口)が固い方や、血圧が高い方などに有効と言われています。また、欧米の先進国では、そのような出産は「母体だけでなく赤ちゃんにもストレスをかける」ものと考えられ、分娩の際には専門の麻酔医のもと、無痛分娩が行われるのです。フランスでは9割、アメリカでも6割以上の女性が無痛分娩による出産しているとも言われています。

日本では、残念ながら無痛分娩を選べる産院が少ない状況です。専門の麻酔医が少なく、対応しきれないほか、「妊娠は自然なかたちで産むのが一番」「お腹を痛めて産んでこそ母親になれる。母性もできる」といった考えが根強いこともあるでしょう。日本では自然分娩がいまだ主流のため、母体が回復するのにも時間がかかり、1週間ほど入院しなければなりません。しかし、無痛分娩では母体の回復が早いため、産院にもよりますが、入院日数が短縮されます。

ゴールドラッシュ