■無痛分娩が受けられる病院および産婦人科の一覧

正常分娩の費用

無痛分娩,陣痛,痛み,不安 基本的には個人病院か公立(国立・県立等)病院での出産かによって随分費用は変わってきます。また各病院によっても料金は違います。地域によっても多少の料金の差はありますが、国民健康保険中央会の調査によると、平成28年度における出産費用(正常分娩の場合)の平均額は、505,759円となっています。飽くまでも平均的な費用ですので入院した日数・曜日・時間・出産した曜日・時間で金額が変わります。個人病院の場合、院内の設備や食事のメニュー、更には出産時のオプションなどによって費用は上下します。

ご存じかもしれませんが、出産費用に関しては国から「出産育児一時金」として42万円(産科医療補償制度に加入していない医療機関などで出産した場合は40.4万円)が支給される制度があります。

つまり、かかった出産費用から出産育児一時金を差し引いた額が実際の負担額となります。例えば平均的な出産費用505,759円で計算すると出産育児一時金420,000円を差し引いた金額85,759円が自己負担額となります。

無痛分娩の費用

 さて、肝心の無痛分娩の費用です。病院にもよりますが、相場としては上記自然分娩にかかる費用プラス10万円から20万円程度と言われています。一度、病院へ確認しましょう。無痛分娩で加算される費用には、入院日数や使用する麻酔薬での違い、その病院専属の麻酔科医の有無、個室か相部屋か、LDRを使用の有無等があり、その他にも様々な条件によって変わってきます。ちなみに、LDRとは、陣痛室と分娩室のふたつの機能を合わせた機能を持つ部屋のことで、このLDRではベッドが分娩台を兼ねているために、激しい陣痛の時に歩いて分娩室へ移動することがないというメリットがありますよ。

妊娠線,肉割れ線

ゴールドラッシュ